新潟県新潟市で自然素材の注文住宅を建てる工務店

お電話でのご予約・お問い合わせ

TEL 025-201-7960

インターネットからのお問い合わせ
無料相談フォーム

自転車の鍵

2015-09-18

こんにちは。五十嵐です。

 

自転車が好きでロードレーサーに乗っています。休日で天気もいいとなると近所をぐるぐる。人によってはすごい距離を乗るのですが、貧脚な僕はせいぜい3,40Kmが良いところです。どうしてもお尻が痛くなるんですよね~(笑)

 

普段移動の足にすることはないのですが、先日自転車で買い物に行きました。用事を済ませて自転車にもどり鍵を開けようとすると開かない。え~!?と思いながら心当たりのある番号をあれこれ試すも全滅。そんなところに駐輪場の監視員のおじさんが通りかかってくれたので、『鍵が開かなくて・・・ワイヤーカッターとかありませんか?』と聞くと、『どれちょっと見せてみれ』と鍵をいじり始めたではありませんか。

 

僕の使っている鍵は3ケタのダイヤルを合わせてボタンを押すと外れるループタイプのもので、おじさんに開け方を説明すると、『いつも開けてる番号はいくつら?』というので伝えると、『なるほど、どれどれ・・・』とカチャカチャとダイヤルを回し始めました。するとおじさんがいじり始めてからものの1分くらいでカチッとボタンが押される音がして鍵が開いたんですよ。

 

どうやら僕が無意識のうちに3ケタのうち1ケタ目の数字を変えてしまっていたみたいです。実はおじさん、ダイヤルの数字の組み合わせ全パターンを試そうとしていたみたいで、たまたま1ケタ目をいじっていた時に開いたようです。す、すごい。

 

『ありがとうございます!お礼させてください!!』言うと『いい、いい。たまたまらがね。』とニカッと笑って去って行かれました。

 

一時はどうしよう、ホイール置いてフレームだけ持って帰るか?とかチェーンカッター買ってくるか?とかいろいろ考えていたのですが、おじさんのおかげでどこも傷つけることなく鍵を開けることができました。

 

駐輪場のおじさん、本当にありがとうございました!!

 

 

五十嵐

 

 

 

Copyright © ZERO STYLE All rights Reserved.