HOME > スタッフブログ > 土屋 裕司 > オール電化かガス併用か…

オール電化かガス併用か…

2021-02-01

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

ちょっとずつ雪がとけてきました。

ですがまだまだ雪が降る予報は出てますので、油断できませんね…。

新潟では仕方ないことですが、はやく春になってほしいものです…。

 

 

 

そんななかI様、上棟おめでとうございます!

 

 

無事に上棟出来て良かったです。

上棟は一瞬で形になるのでびっくりする方も多いかと思います。

工事を安全に着実に進めてまいります。

 

 

 

さて、本題のタイトルの件です。皆様悩まれる「電気orガス」問題についてです。

近年オール電化という言葉が当たり前になってきて、弊社でもオール電化住宅が7割~8割近くになっております。

だからと言ってオール電化を推しているわけではありません。双方メリットデメリットがあります。

 

 

 

オール電化の

良い所は、光熱費の一本化、火事の危険性が減る、夜間電力の使用でお湯や暖房を安く使える…など

悪い所は、停電時に何をすることもできない(ただし復旧は早い)、初期投資がガス併用に比べると高い、タンクのお湯が切れたら待たなければいけない…など

ガス併用の

良い所は、高火力でコンロやオーブンを使える、停電の時にコンロやお湯を使える、初期投資が安い…など

悪い所は、火災の危険性がある、結露を起こしやすい、基本料金がかさむ…など

 

ざっくりこんなところでしょうか。

どちらも捨てがたいですが、最近オール電化が増えてきた理由は『結露』ではないでしょうか。

ガスを燃やしてしまうとその分、水分が発生してしまいます。(ガス+酸素=二酸化炭素+水)

 

最近は高気密高断熱住宅が増えてきました。

気密が高ければ空気を逃がす経路が少ないので、より結露を起こしやすい環境になっています。

そのため、高気密高断熱をうたってる住宅のほとんどが暖房機器はエアコン、調理機器はIHで成り立っているわけです。

色々なHPで情報がたくさん公開されていますが、書き手の好きな方だったり、売りたいものに偏って書かれてることが多いです。

どちらにせよ使うのはオーナーさまです。使い勝手がいいなと思う方を選ぶのが一番ではないでしょうか?

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

土屋

 

 

 

 

お問い合わせ

資料請求

Copyright ©ZERO STYLE All rights Reserved.